仮想通貨の勉強

Work Tokens Modelとは何か?Burn-And-Mint Equilibrium Modelとは何か?「utility token」の場合分けについて考えてみるの巻!

こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです!

本稿ではクリプトアセットのバリュエーションを上げるためにdAppsではどんな工夫をしているのかについて着目して引き続き理路を展開して行きたいです。

日本ではまだそこまでではないですが、クリプトアセットの世界では日夜さまざまなトークンが発行されています。

その分類の仕方も細かくやりだすとキリがないくらいにそれぞれに特徴は異なるようです。

とはいえ、ざっくりと性質を把握しておくことがまずは重要ですよね。

そこで、クリプトアセットの3類型についておさらいした後に、とりわけutility tokenについて、さらに二つほどの類型化を行い、どのようなものなのかを紹介してみたいと思います。

さらに、それらの会計処理についてもできるかぎり言及してみるつもりです。

それでは行ってみましょう!

クリプトアセットには3つの種類がある

仮想通貨、クリプトアセット、呼び方は少しずつ変わってきていますが、クリプトアセットには機能の観点から3つに分類されることが多いです。

この辺りについては当ブログでもかつてエントリーしていますので参考に読んでみてください!

あわせて読みたい
tokenの分類とりわけICO時のトークンの種類は大きく二つに分類されるよ!〜utility tokenとequity tokenの区分問題〜こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです。   ICO投資は今年がピークになりそうな予感をひしひしと感じています。 あまり...

stores of value

これは価値保存のためのクリプトアセットになります。

代表的なのは、Bitcoin、BitcoinCash、Zcash、Dash、Monero、Decredなどがあります。

単純にフィアットと同じような機能が期待されているクリプトアセットになります。

security tokens

これは株式のように企業の所有者としての地位を表すものであったり、配当を受ける権利を有しており、SECなどの規制当局からのレギュレーションを受ける必要があるものです。

ざっくりと言ってしまえば、今まで株式として発行していたものをブロックチェーン上に載せるイメージでしょうか。

utility tokens

発行体から財やサービスを受ける権利を表象したクーポンのことです。

つまり、このトークンを所有し、発行体に対して提示すると発行体が提供しているサービスを受けることができます。

ざっくりと言ってしまえば、肩たたき券と同じです笑。

utility tokensをさらに二つに類型分けすると

utility tokenをさらに部類すると

Work tokenBurn-And-Mint Equilibrium

に分類することができます。

なお、このように分類するのは、utility tokenのうちで、どのような性質を有するトークンであれば、中長期において、価格を上昇させることができるかを理解していただきたいからです。

このことを理解するためにはProprietary payment currenciesと呼ばれるような性質がクリプトは中長期的には価格が下がる傾向にあることを押さえていただきたいです。

Proprietary payment currenciesとは「独自の支払い通貨」と和訳可能ですかね。

要はある特定のdApps内でのみしか使用することができないようなトークンで、dApss内ではそのトークンによって財やサービスの提供を受けることができるようなものです。

dAppsの利用者はProprietary payment currenciesが欲しいわけではなく、dAppsが提供するサービスを受けたいわけです。

そうすると、いったん法定通貨をProprietary payment currenciesへ両替したとしても、すぐにそのProprietary payment currenciesは使用されてdAppsが提供するサービスへと交換されることになります。

つまり、この場合はvelocityがとても大きい状態になることになってしまいます。

velocityの議論は、弊ブログのこの記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
dAppsのバリュエーションで重要になってくるvelocityの概念を用いて、いろんなdAppsを分析してみて、スケールしてるdAppsにはvelocityを下げる仕組みあるんじゃないかな問題を論じるの巻こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです! dAppsを作る際にどんなことを想定して...

バリュエーションを上昇させていくためには、このvelocityを小さくする必要があります。
つまり、なんらかの方法で、トークンを購入した人にある程度の期間(これは長ければ長いほど良いです)保有<をしてもらえるようななんらかの仕組みを構築する必要があるのです。

このvelocity問題を解決するための工夫をしているdAppsを二つの類型によって説明しようとする試みがutility tokenをさらに分岐させてWork tokenBurn-And-Mint Equilibriumの二つとするということになります。

それでは以下では順番に説明をして行きたいと思います!!

Work Tokensとは何か?

Work tokenは日本語でなんていうんでしょうかね。

何か作業や仕事のリワードとしてトークンを受け取ることができるモデルのことです。

このモデルを採用するためには条件があります。
それは

実際に仕事をする必要があると言うことと商品自体が未分化となっていること

です。

商品自体が未分化になっているという点がわかりづらいでしょうかね。

要は何か個別の商品として販売するようなものではないということですね。

例えば、コンビニに行って何か飲み物を買おうとした場合は、商品は分化されていると言えるでしょう。個別にバラバラと売っていますよね。

これに対して、商品が未分化していないというのは、わかりやすいのはクラウドサービスでしょうかね。Googleのスプレッドシートなどは分化していないサービスの一つだと思います。

代表例としては、Filecoin、Keep、Truebit、Livepeerなどのほとんどの分散クラウドサービスやAugurやGemsのような人間の入力が必要なサービスなどがあります。

Burn-And-Mint Equilibriumとは何か?

かつてこのブログでもfactomについてエントリーしようと試みたことがありました・・。

そんな回顧はいらんですね笑。

代表的なBurn-And-Mint Equilibriumの事例としてはまさにこのfactomが該当します。

つまり、factomの記事を完成させていれば、ここでも楽できたのに・・笑。

ポイントとしては、Burnです。

つまり、燃やすということです。

何を燃やすのか???

factom自信を燃やすのです。

こうすることによって、velocityを下げることができます

なぜなら、Burnしてしまったクリプトはもう使えないからです。

であれば、交換手段として使えないということになりますので、必然的にvelocityは下がることになります。

しかし、Burnばかりしているとそのうち供給量が著しく低下してしまうのではないか?という疑問も湧くかも知れませんね。

そのようなことがないようにある程度経過すると、自動的にfactomが市場に対して供給される仕組みとしています。

このように消滅させることと新たにトークンを発行することで、velocityをコントロールしようというのがBurn-And-Mint Equilibrium Modelとなります。

Work tokenBurn-And-Mint Equilibriumのどっちがいいか問題

これは開発者からすると明らかにWork tokenの方がいいですね。

というのも、Work tokenの方が価格が上昇しやすいからですね。

しかし上述のとおり、Work tokenとするための要件は結構厳しいので、次善の策として、Burn-And-Mint Equilibrium Modelの採用も視野に入れるべきでしょう。

なお、Burn-And-Mint Equilibrium Modelでは純粋なコモディティを提供しているわけではないので、同様のサービスを提供している競合は少しの違いによって差別化を計ることになります。

終わりに

本ブログは投資するためにどのような観点をもてばよいかを目的として運営してきています。

この点で言えば、本稿から得られる知見は以下のとおりです。

本稿のまとめ!

トークンの価格を上昇させたいのであれば、開発者はvelocityが低下するような仕組みを構築する必要があります。
逆に言えば、投資家はそのような仕組みが内在しているかどうかを投資時にはチェックすることが有意味であると言うことです。

ではvelocityが低下するような仕組みはどのように構築されるのでしょうか??

この点は非常に重要なポイントとなりますので、次回はこの点を紹介するようにいたしますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!!!

関連記事もお読みいただけるとめちゃ嬉しいです。

関連記事

あわせて読みたい
ICO会計処理のパラドックス!ICOして資金集めて、開発がうまくいってるのに費用計上される?!その逆に開発クソなのに利益計上される?   こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです! メタップスによるICOの会計処理について、エントリーを続けていますが、その...
あわせて読みたい
DAICOとは何か?詐欺的ICOやICOの欠点を克服する新しい仕組みの紹介です!こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです。 今回は最近話題の新しいICOの仕組みであ...
あわせて読みたい
メタップスのICOに関する会計処理の説明してたら、新しいIRが出て、少し会計処理変わってるやん!の巻こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです! 今回は、メタップスのICOの会計処理について、再度エントリーしてみます。 ...