dApps

SAFTとは何か?ICOの一つの方法であるSimple Agreement for Future Tokens について調べてみようの巻

こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです!

今回はSFATの紹介します!
SAFTって何や?

っていう人は多いかもですね!
しかし、今後ブロックチェーンやクリプトアセットは必ず資本主義経済の中心に位置するようになるはずです。
そうだとすると、良さげなアイディアが浮かんだ場合は、すぐに動きしてサービス化を急ぐべきでしょう。
とはいえ、すでに日本では仮想通貨関連の法律は世界の中でもガチガチな感じになっています。

そんな感じの状況の中で何気なく、ネットでクリプトアセットのことを調べていたら、SAFTという方法があることを知りましたので、皆さんに共有したく思いました。

簡単に言えば、

とりあえず、このアイディアでクリプト業界に殴り込みしたいんだけど、とは言え、俺たち、法律やコンプライアンスの詳しいこととかよくわからないし・・でも、これはチャンスだと思うのでICOしたいんだよな〜

っていう人たちのために、SAFTという仕組みはあります。

気になった方は、以下の記事を読んでみましょうね!!

それではいってみましょう!!!

なお、本稿ではクリプトアセットのバリュエーションに関しての議論はしませんのでバリュエーションについて詳しく知りたい片には以下の記事あるいは書籍をおすすめさせていただいております。

あわせて読みたい
仮想通貨に価格決定の理論はあるのか?仮想通貨のバリュエーションの方法を紹介してみる!!こんにちは、「dApps CryptoAsset valuation」管理人のなおです! 今回は、仮想通貨の価格の動きが乱高下する理由...
バリュエーションでおすすめの本!

Cryptoassets: The Innovative Investor’s Guide to Bitcoin and Beyond

SAFTとは何か?

まずはInvestopediaで調べてみました。

そうすると、

Simple Agreement for Future Tokens (SAFT) is an investment contract offered by cryptocurrency developers to accredited investors. It is considered a security and, thus, must comply with securities regulations.

Read more: Simple Agreement for Future Tokens (SAFT) Definition | Investopedia https://www.investopedia.com/terms/s/simple-agreement-future-tokens-saft.asp#ixzz5CkKdCqsV

 

とでてきました。

簡単に和訳してみますと、

SAFTとは

「仮想通貨開発者による適格投資家に対する投資契約であり、それは証券に該当するため、証券規制に従わなければならないものです。

という感じでしょうかね。

もう少し噛み砕いて表現してみましょうかね。
これだとわかりづらいですしね笑

SAFTのざっくり説明パターンとしては、

ざっくりSAFT!

ブロックチェーンの技術によって何かサービスを開発したいな!って思ってる人が資金を集める際に、通常のICOのように世界中のあらゆる人から集めるのではなく、ある程度投資を専門に実施している人に限定して行うものなんだけど、それだと法律上証券になってしまうので金商法などの規制に該当するんだよ。

っていう感じで説明可能でしょうか。

なぜSAFTはなぜ考案されたのか??

SAFTはなぜ考えられたのでしょうか?
端的にいえば、それは、ICOによる資金調達が法律の規制に該当するものなのかどうかの判断が難しいからです。
金融商品取引法やSECのレギュレーションに該当するかどうかの判断が微妙な案件が多いのが、クリプトアセット業界のあるあるになっています。
dAppsによって新しいサービスを考案したとしても、それを法律の世界に持ち込んだ際に今までの金融商品の概念とは異なる仕組みであるクリプトアセットを従来の考えに当てはめただけでは、リスクがあるのです。

例えば、クリプトに関する良いアイディアが浮かんだとします。

すぐにでも開発を開始したいところですが、アイディアを考えた開発者たちは資金力がないため、ICOを実施して資金を集める必要があります。

しかし、ここに一定のリスクが存在します。

むろん、開発者たちは、utility tokenと判断されるようにICOを構成するでしょうが、ストラクチャーによっては、equity tokenとして判断されてしまうものもあるかもしれません。

あ!utility tokenとequity tokenについて「?」となる人は、以下の記事を参考にして見てください!!

あわせて読みたい
tokenの分類とりわけICO時のトークンの種類は大きく二つに分類されるよ!〜utility tokenとequity tokenの区分問題〜こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです。   ICO投資は今年がピークになりそうな予感をひしひしと感じています。 あまり...

ここではequity tokenに分類されてしまうとSECのレギュレーションや金融商品取引法の規制の対象となってしまう、ということを理解しておけば良いでしょう。

議論に戻りましょう。
ストラクチャーによってequity tokenと判断されてしまった場合はどうなるでしょうか。

ICOの実行前にequity tokenと認識された場合は、粛々とレギュレーションに従えば良いでしょう。
他方で、ICOを実行して、その資金で開発をある程度進めていた最中で、規制当局から、レギュレーションにしたがっていない、よって、罰則が必要だ!という認定をされてしまってのでは最悪です。

そこで、適格投資家に絞って、資金の引き受け手を探して、資金調達を行うというニーズが存在するようになってきたのです。

なぜならば、適格投資家に限定して資金調達を実施した場合は、レギュレーションが厳しくないからです。

仮に事後的にequity tokenとして認定されたとしても、適格投資家に限定していれば、そこまで被害は大きくなりません。

このように、資金調達は早くしたいが、とはいえ、ある程度のリスクもヘッジしておきたいという思惑から、SAFTがでてきました。

SAFTの内容について

SAFTの前にSAFEを理解する必要がある

SAFTの理解をするためにはSAFEの理解ができると良いかもしれませんね。

SAFEはアメリカのシリコンバレーにあるYCombinatorと呼ばれるアクセラレーターによって考案された投資形態の一つです。

最近、日本ではJ-KISSという形で実務では運用されていることが多いと思われます。
J-KISSの解説は以下のサイトがなかなか良さげな感じです!

https://500startups.jp/j-kiss/

もっとも厳密にいうと、KISSSAFEは異なります。

KISSは500StartUpと呼ばれるアクセラレーターが考案した投資契約です。

いずれの方法も、特にベンチャー界隈やスタートアップ界隈で使われています。

なぜ、このような投資形態が使われているかと言えば、要はしっかりとしたバリュエーションをしなくても、なんとなくのバリュエーションで資金を突っ込むことができるからです。

ベンチャー投資はスピードが重要なファクターの一つではあります。

しかし他方で、バリュエーションをテキトーにしてしまった場合は仮になんらかのイグジット戦略が実行されたとしても、ペイしない可能性も出てきしまいます。

そのようなことになってしまえば、元も子もありません。

そのため、正式なバリュエーションはもう少しビジネスが進んだ時点で改めて、やりましょうということで、普通株式での投資ではなく、株主間契約だけで済ませてしまおうという形式が流行りました。

つまり、一定期間経過後に普通株式へと転換することが可能なオプションが組み込まれた契約であるとも言えそうです。

もっとわかりやすく言えば、重要な意思決定をする前にとりあえずお金だけは入れておきたいという投資家の思惑と、なるべくバリュエーションを後に引っ張って、より大きなバリュエーションにして、創業者たちの持ち分割合を少しでも維持したいとする創業者たちの思惑が一致した仕組みであるとも言えそうです。

なお、SAFEについてまとまった書籍などで勉強をしたい!という方はこれを紹介させていただきます。

SAFTはどんな仕組みなの?

SAFTSAFEの考え方、つまり、重要な判断をすぐにすることができないので、そこは一旦留保しておくんだけど、資金だけは突っ込みたいという考えを踏襲するものです。

SAFEではこの重要な判断がバリュエーションであり、SAFTではもちろんバリュエーションの問題もあるケースはあるでしょうが、重要なのは、SECのレギュレーションに該当するようなsecurityに該当するのかどうかということになります。

SAFTでは、securityに該当するかどうかを一旦留保しておき、不特定多数に対して、資金調達をお願いするのではなく、機関投資家などのある程度の規模の投資家である適格投資家にのみに販売します。

その後に、securityに該当しないとわかった時点以降は広く公衆に対して、資金調達を行うこととなります。

終わりに

SAFTについての論考いかがでしたでしょうか。

なおは実務でSAFEに類似した投資についてはみたことがあるのですが、さすがSAFTについては実務で遭遇したことはありませんでした。

しかし、もう少しすれば、日本でも当たり前のようにSAFTが行われるのでしょうから、次回は、このSAFTの英語の契約書を参考にしながら、SAFTの契約について議論してみたいと思っています。

SAFEやSAFTの概念のなかで重要なものは、「重要なことはあとでじっくり考えたいけど、とりあえず関係は持っておきたい!」ということでした。

とは言え、このような考えをあらゆることに適用することは危険です。

重要なことをあとで考えようとして結婚を先送りしてしまったものの末路は悲惨です笑。
そこで、例えば、
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
なんてものに登録してみるのも面白いのかもしれませんね笑。
SAFTの概念を結婚に応用してみる。
そんな使い方もあるかもしれません笑。

本校が少しでもみなさまのお役に立てたとしたら、嬉しいです!

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

関連記事

あわせて読みたい
DAICOとは何か?詐欺的ICOやICOの欠点を克服する新しい仕組みの紹介です!こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです。 今回は最近話題の新しいICOの仕組みであ...
あわせて読みたい
tokenの分類とりわけICO時のトークンの種類は大きく二つに分類されるよ!〜utility tokenとequity tokenの区分問題〜こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです。   ICO投資は今年がピークになりそうな予感をひしひしと感じています。 あまり...
あわせて読みたい
dAppsのバリュエーションで重要になってくるvelocityの概念を用いて、いろんなdAppsを分析してみて、スケールしてるdAppsにはvelocityを下げる仕組みあるんじゃないかな問題を論じるの巻こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです! dAppsを作る際にどんなことを想定して...
あわせて読みたい
クリプトアセットのバリュエーションのために必須の本がわかったので紹介します!こんにちは、「dApps CryptoAsset Valuation」管理人のなおです! 本稿では、クリプトアセットのバリュエーシ...
あわせて読みたい
「utility token」と「equity token」の両方の性質をもつdAppsが出て来ているので紹介するの巻!<<<こちらも記載途上におリマス。完成まで今しばらくお待ちくだっさい>> こんにちは「dApps CryptoAsset Valu...