取引所

コインチェック社のIRではないけども、日本出金の再開の意向があるってさ、13日に!

こんにちは、「投資としての仮想通貨」管理人のなおです!

 

コインチェック_ロゴ 

 

今日(2月9日金曜日)は、日経新聞にこのような報道がなされていましたのでご紹介いたします。

 

 

www.nikkei.com

 

以下、記事を引用します。

 

「仮想通貨「NEM(ネム)」が交換会社大手コインチェックから流出した問題で、同社は顧客から預かっている日本円の出金について13日にも再開する意向を固めた。同社は金融庁から業務改善命令を受けた。再発防止策報告の期限が13日で、同社は報告を終えた後、金融庁の了解を得たうえで出金再開に踏み切る予定だ。

 コインチェックは仮想通貨流出が発覚した1月26日から、日本円と全ての取り扱い仮想通貨の出金を停止している。原因究明やリスク管理体制の構築を進めてきたが、日本円については安全確保のめどがたったもようだ。

 一方でビットコインなどの仮想通貨については出金のめどが立っていない。コインチェック保有する一部通貨についてより安全性の高い口座を使うよう切り替え作業を進めているところだ。通貨をオフラインで保管するなどの適切な管理体制が整ってからの再開になるとみられる。」

 

とのことです。

 

まあ、14日からコールセンターの募集をしてましたし、結構前から計画はされていたんでしょうけどね。

 

ここまで世論が盛り上がってしまうと、慎重に動かざるを得ない感じになっていたのでしょう。

 

ポイントは、日本円の出勤が可能となっただけで、そのほかのアルトコインと呼ばれるLISKやREP、XRPなどの現金化はまだできないと思われます。

 

個人的にはコインチェックの方々にはもう一踏ん張りしていただいて、なんとか仮想通貨業界や市場そのものの信頼を一刻も早く取り戻せるように邁進してほしいと思っています。