取引所

LISKがビットフライヤー(bitflyer)に上場したよん!

こんにちは。

投資としての仮想通貨管理者なおです。

 

1月31日、bitflyer(ビットフライヤー)で新しくLISKが取り扱い開始されました。

 

LISKはすでにコインチェックでは取り扱いがなされていました。

 

しかし、みんな知ってるコインチェックショックで、コインチェックは現在利用不可です。

 

 

ですので、いま、現在日本にある取引所でLISKを購入する場合はbitflyer(ビットフライヤー)が便利!

 

 

ただ、bitflyer(ビットフライヤー)は販売所になるので、例のスプレッドがめちゃめちゃ高い問題があります。

 

 

気になる人は、BINANCE(バイナンス)で取引をするのが良いでしょう。

 

 

ただ、BINANCE(バイナンス)の登録の方法ってちょっとだけ難しかったりします。

 

 

www.zerokarabitcoin.com

 

このサイトとかはわかりやすく、BINANCE(バイナンス)の登録方法が書いてます。ご参考まで。

 

 

 

では、LISKについて少し取りまとめてみようかと思います。

 

 

LISKとは?

でも、LISKのめちゃめちゃいい説明ってなかなかないんですよね。。。

 

bitcoin-yoro.com

 

丸の内OLの玲奈さんが書いているブログなんかはとてもうまくまとまっています。

 

ポイントとしては、DAppsであることでしょうか。

 

DAppsは、分散型アプリケーションです。

 

DAppsの理解をするためには、その反対について理解をすれば良いです。

 

反対はいまほとんどのWebサービスに該当します。

 

例えば、ツイッターフェイスブックなどはそれを管理する企業があります。

 

これらは分散型ではなく中央集権型なのです。

 

つまり、管理している会社がない、っていう感じで理解していれば、だいたいあってます。

 

コンセンサスアルゴリズム

LISKでは、DPoS(Delegated Proof of Stake)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 

これはどんなものかというと・・・。

 

PoS(Proof of Stake)との違いは投票で決定された上位101名の代表者がネットワークを優先的にフォージング(鍛造の意。ビットコインのマイニングにあたる)して管理していることである。

引用元:Lisk – Wikipedia

 

正直、説明が難しい・・・。

 

これであれば少しはわかりやすいでしょうか・・。

 

gaiax-blockchain.com

 

PoSの説明

ざっくり、説明してみます。まず、PoSの説明から。

 

PoSはProof of Stakeの略です。

 

そして、Proof of Stakeは、コインの所有量が多い人ほど、自分の意見が通りやすくなる、そんなイメージです。

 

以前、このブログでもPoWについて説明しましたが、PoWでは自分の意見を通すためには、Workをしなければなりませんでした。

 

具体的には、決められた数がでるまで総当たりで試行錯誤をして、まるでくじ引きのように正解が出るまで計算をさせられる、そんなイメージです。

 

これに対して、PoSではそのようなWorkをする必要はなく、コインの保有量が重要なポイントになってくる、そんなアルゴリズムとなっています。

 

おそらくですが、コインをたくさん持ってる人は自分が持ってるコインの価値を下げるようなことはしないだろうということが前提となっているはず。

コイン保有が多い人の意見であれば、嘘じゃないだろうっていう感じで。

 

Delegatedって??

次に、Delegatedの説明。

 

これは、ググってもらうとわかるのですが、日本語訳には「委任」という訳語が当てられてました。

 

つまり、ある程度、コインを持っている人の中から、こいつなら嘘つかなくね?っていう人を選んでから、その人に「委任」する感じ。

 

これが、DPoSと呼ばれるアルゴリズムのイメージ。

 

DPoSのメリットって?どこがPoSから改良されてるの?

PoSのデメリットって、よく言われているのは、富の集中が起きてしまうということでしょう。

 

 

すでにコインをたくさん持っている人の意見が優先されるということは、そういうことに繋がりそうです。

 

 

 

他には、コインをたくさん持っているからと言って、必ずしも、正しい意見を言うのかどうかは保証されていないと言うこともデメリットとしてありそうです。

 

 

まとまったものとしては、以下のサイトがおすすめです。

 

 

zoom-blc.com

 

 

 LISKについての今後の方向性をCEO自ら語ってます!

youtu.be

 

 いろいろ書いてきましたが、やっぱり作った本人に聞くのが一番よい!

 

ってことで、youtubeにあった上記も添付します!